このページの先頭です

セミナー・イベント

ここから本文です
  1. HOME
  2. セミナー・イベント
  3. 『第13回 日本食育コミュニケーション協会全国大会』IN 東京
タイトル
『第13回 日本食育コミュニケーション協会全国大会』IN 東京
日 程
2019年6月12日(水)
13:00~17:30
(※18:00~19:30 同建物1階にて「交流会」を予定しています。
(「申込フォーム」よりお申込される場合で、「交流会」の参加を希望する方は、
その旨をご要望欄に入力下さいます様、お願い致します。)
場 所
Nagatacho GRiD 6階 「ATTiC Conference」
(株式会社ガイアックス本社 東京都千代田区平河町2-5-3)
> 地図を表示(Google Map)
費 用
5,000円(会員は5名まで無料)
> チラシ・パンフレットPDFダウンロード

  • 資料請求・お問い合わせ
今大会のテーマは『THE LOCAL・THE HEALTH~100年先まで伝えたい食~』。キーワードは、地域に根ざしたひと/地域の食材/心身の健康/共食(きょうしょく)/共創(きょうそう)/協業(きょうぎょう)/先人の知恵の伝承
協会講師 徳永ひろみさんによる事例発表や、
これまで関わらせて頂いた企業様からの日頃の食育活動の発表、
当協会主催『100年先まで伝えたい 食 研究会』の会員企業様からの発表、
福島正伸氏による「記念講演」等を予定しております。
他にも、「展示物」や「サンプル配布」も予定しております。
皆さまからのご参加のお申込み、心よりお待ち申し上げております。
プログラム
〇13時~    開会挨拶、プロモーション動画
〇13時10分~ 協会代表理事 石原奈津子 挨拶
〇13時30分~ 展示紹介
〇13時40分~ 事例発表(※詳細については、添付のチラシにてご確認下さい)
〇15時20分~ 休憩
〇15時40分~ 研究会より発表
〇16時10分~ 福島正伸氏 記念講演
〇17時10分~ 表彰式
〇17時20分~ 次年度事業発表
〇17時30分~ 閉会
※内容は変更する場合があります。
〇18時~19時30分 同建物 1Fカフェにて「交流会」を開催予定です。
※内容は変更する場合があります。ご了承ください。

講師紹介

【コメンテーター紹介】 〇飯田結太様(料理道具研究家) 〇上田祐司様(株式会社ガイアックス代表執行役社長) 〇菅原佳己様(スーパーマーケット研究家) 〇都築冨士男様(全日本農商工連携推進協議会会長) 〇野上優佳子様(弁当、料理研究家) 
〇飯田結太 様
飯田屋6代目
料理道具をこよなく愛する料理道具の申し子。
TBS「マツコの知らない世界」やNHK「あさイチ」、
日本テレビ「ヒルナンデス」など多数の情報番組で道具を伝える料理道具の伝道師としても活躍。
自身が仕入れを行う道具は必ず使ってからにするという絶対的なポリシーを持ち、
日々世界中の料理人を喜ばせるために活動している。

〇上田祐司 様
株式会社ガイアックス代表執行役社長。
1974年大阪府生まれ、1997年同志社大学経済学部卒業。
大学卒業後は起業を志し、ベンチャー支援を事業内容とする会社に入社。
一年半後、24歳で起業。30歳で上場を果たす。ガイアックスでは、
「人と人をつなげる」のミッションの実現のため、これまでのソーシャルメディア事業に加え、
シェアリングエコノミー事業や関連する企業への投資を強化している。
一般社団法人シェアリングエコノミー協会の代表理事を務める。

〇菅原佳己 様
'65年生まれ、東京在住。今年3月まで愛知県に合計16年間暮らす。
サラリーマンの夫の転勤で国内外の転居を繰り返す中、スーパーの研究を始める。2012年に出版した著書が話題となり、出演したテレビ番組「マツコの知らない世界」(TBS)で紹介した岐阜県高山市の隠れた日常食「あげづけ」が大ブレーク。現在は、講演活動をこなしつつ、自腹で全国のご当地スーパーを行脚。テレビ出演のほか、朝日新聞「お宝発見 ご当地食」や雑誌『LDK』の「ご当地スーパー探検隊」の連載などメディアを通して、埋もれた日常食の発掘とその魅力を伝えている。

日本最大級の流通業界の展示会『スーパーマーケットトレードショー2017』で「スーパーマーケットで買いたい!フード30選」の特別審査員。『スーパーマーケットトレードショー2019』では、「お弁当お惣菜大賞」審査員を務めた。
著書/『日本全国ご当地スーパー掘り出しの逸品』(講談社)
『日本全国ご当地スーパー 隠れた絶品 見?つけた!』(講談社)
『東海 ご当地スーパー 珠玉の日常食』(ぴあMOOK中部)

〇都築冨士男 様
元ローソン・ジャパン 社長
スーパーマーケット・ダイエーに入社。 米国勤務を経てローソン再建のために帰国。
当時80店舗しかなかった店舗数を、在籍中3000店舗にまで拡大し、 倒産寸前だったローソンを再建。
全国展開の日本を代表するコンビニエンス・チェーンに急成長させる。
その後上場会社の社長を経て独立。 現在は、コンサルティング、企業顧問、講演活動を行っている。
また、内閣官房地域活性化伝道師、六次産業化プランナー、全日本農商工連携推進協議会の会長として、
中小企業と農業、農村の活性化の支援で活躍中。

〇野上優佳子 様
料理家・弁当コンサルタント。株式会社ホオバル代表。
30年以上お弁当を作り続け、実際に日々お弁当を作る母としての目線から
実用性と汎用性の高いレシピと洞察が好評を博している。
美濃焼弁当箱「ieben」プロデュースをはじめ、商品アドバイスなども行う。
2015年〜2016年『マツコの知らない世界』(TBS)に「お弁当」のテーマで4度出演、
その他新聞、雑誌、TV、ラジオ、ウェブなど多メディアで活動中。
日本国内だけでなく海外でも弁当に関する講演を行なっている。
最新刊『ごはんをつくる前に読む本―三日坊主をくりかえせば自由に生きられる』(笠倉出版社より5/31発売予定)をはじめ、『野上優佳子のお弁当おかずの方程式』『お弁当のセカイ』(ワニブックス)、『野上さんちの超ラクチン弁当』(学研プラス)、『『夏弁』(主婦と生活社)、など著書多数。
国立研究開発法人 水産研究・教育機構「SH“U”N project(サスティナブルでヘルシーなうまい日本の魚プロジェクト)」外部レビュー委員。東京学芸大学こども未来研究所 教育支援フェロー。私生活では2女1男の母。
  • 資料請求・お問い合わせ