このページの先頭です

セミナー・イベント

ここから本文です
  1. HOME
  2. セミナー・イベント
  3. ~食の価値を体感する機会の創出 
    100年先まで伝えたい食~
    「第2回おもいでごはん ストーリーズ 研究会」
タイトル
~食の価値を体感する機会の創出 
100年先まで伝えたい食~
「第2回おもいでごはん ストーリーズ 研究会」
日 程
8月2日(木)
14時~17時30分
場 所
福島工業株式会社 東京事業所(東日本支社)
〒111-0052 東京都台東区柳橋2-17-4
> 地図を表示(Google Map)
費 用
参加費
〇年間研究会員:無料(2名参加可能、3名以上の参加はお一人10,000円)
〇非会員:お一人50,000円
  • 資料請求・お問い合わせ
当協会設立当初から“食の楽しさ・大切さ”を伝える食とコミュニケーションの専門
家の育成に携わってまいりましたが、その間にも生産の現場も含め暮らしに根ざした
食の知恵と技術の伝承は必須な課題であることを痛感しておりました。
そこでこの度、当研究会を立ち上げ全国各地に残る食の価値を映像化し広く多くの
方々に魅力あるコンテンツとして配信し、100年先まで伝え残す機会を生み出そうと
考えております。
 魅力ある食の知恵と技術の伝承は消費者に留まらず、食品流通の現場で働く方にも配
信し活用できるコンテンツづくりを目指してまいります。

当研究会のアドバイザーには、公益財団法人 東京オリンピック・パラリンピック 
競技大会組織委員会 イノベーション推進室アドバイザー 大野泰敬氏にご就任いただ
き食を通した暮らしの知恵や技術を国内外に配信する機会も研究してまいります。
プログラム
■当日スケジュール
 14時~    一般社団法人日本食育コミュニケーション協会 代表理事石原奈津子
         研究会の目的と出席者紹介
 14時40分~ 野上優佳子氏
         「レモンを活用したお弁当提案&弁当のトレンド事業」
 15時40分~ 福島工業株式会社
         最新機器の商品紹介 
 16時10分~ レノボ・ジャパン株式会社
         トレーニングとプロモーションを目的としたVRの活用事例
 16時40分~ ポッカ・サッポロフード&ビバレッジ株式会社
         国産レモンの生産に関する取り組みについて
 17時10分~ 100年先まで伝えたい食研究会 アドバイザー 大野泰敬氏を交えて意見交換 
 17時30分  終了

講師紹介

野上優佳子氏(弁当コンサルタント/株式会社ホオバル代表取締役)
ネットエディターやライターを経て、2011年、「食・健康・地域」をキーワードに子供達が笑顔で暮らせる未来をつくることを目指し、株式会社ホオバル設立。料理家・弁当コンサルタントとして新聞、雑誌、TV、ラジオ、ウェブ、全国各地での講演など多メディアで活動中。弁当箱のプロダクト開発や商品アドバイザーなども行っている。30年以上お弁当を作り続け、300個以上のお弁当箱を使用した経験に基づき、実際に日々お弁当を作る母としての目線から実用性と汎用性の高いレシピと洞察が好評を博している。2015年〜2016年にかけて、『マツコの知らない世界』(TBS)に「お弁当」のテーマで最短最多の出演。『すっぴん』(NHK第一)への半年間のゲスト出演。スマートランチ社(ポルトガル)のプロダクトアンバサダー。弁当博覧会(https://www.benpaku.jp/)プロジェクトの総合プロデューサー。国立研究開発法人 水産研究・教育機構「SH“U”N project(サスティナブルでヘルシーなうまい日本の魚プロジェクト)」外部レビュー委員。『野上優佳子のお弁当おかずの方程式』『お弁当のセカイ』(ワニブックス)、『野上さんちの超ラクチン弁当』(学研プラス)、『がんばらない10分夜食レシピ』(笠倉出版社)、『夏弁』(主婦と生活社)、『家族まんぞく!パパッとできるお弁当』(三才ブックス)、『楽々かんたん1品弁当』『楽々夏ごよみレシピ2015』『楽々秋ごよみレシピ2015』『楽々冬ごよみレシピ2015-16』『楽々春ごよみレシピ2016』『家飲みおつまみレシピ』『悩まず作れる!おべんとうの手引き』(笠倉出版社)など著書多数。
私生活では、地元公立小学校の学校支援本部の事務局長として活動中。社会人、大学生、小学生と、2女1男の母。1972年生まれ。東京学芸大学教育学部国際文化教育課程日本研究卒業。
  • 資料請求・お問い合わせ